肺がん ステージ4 症状

肺がん ステージ4 症状

スポンサードリンク

肺がん ステージ4 症状

 

肺がんステージ4の症状は、多彩です。

 

そう診断されたのがいつなのかで変わってきますし、転移した先の臓器がどこなのかでもまた変わってきます。

 

 

まず、初診でステージ4だと診断された場合、こういう方は原発巣の症状が長い期間はっきり表れなかったケースが多いと思います。

 

肺の中の深いところで大きくなりつつ、気管支や血管や胸膜を圧迫刺激しなかったので症状が分かりにくく、しかももともと肺機能の良い人であった場合には呼吸が苦しいなどの症状もなかなか気づきません。

 

それが脳や骨への転移で初めて見つかった場合、肺の症状はやはり特になくて、肺に関してはすぐに何とかしなけらばという緊急性はありません。

 

 

それよりも問題は転移先にあります。

 

肝臓にしろ、脳にしろ、骨にしろ、転移の場所次第で患者さんのQOLに大きく関わってきます。

 

肝臓への転移は気づかれないままに多発していることがありますが、骨の場合はそれまで経験したことのない痛みに悩まされる場合があります。

 

脳は、性格が変わる、記憶力が落ちる、頭痛が止まらないなどの諸症状も出る可能性がありますし、脳幹部への転移(非常にまれ)の場合には生命維持に関わります。

 

 

したがって、ステージ4の場合の最大の問題は転移先の腫瘍をいかに小さくするか、あるいは取り除くかということになります。

 

ステージ4なので当然ながら全身を見据えた化学療法が基本となります。

 

初めのころの化学療法は効果が高いので、所診断がステージ4の方の場合、原発巣の腫瘍も小さくなるでしょう。

 

おそらく肺の症状は目立たないままです。 

 

 

 

そうではなくて再発による遠隔転移発覚の場合。

 

原発巣での再発がなければ最初の症状は前述のケースと同じです。

 

しかし再発癌の場合は初回の治療で用いられた抗がん剤の組み合わせは効かなくなっていることが多いので、転移先での症状は増悪します。

 

 

この場合に有効なのは放射線照射による腫瘍の縮小です。

 

脳の転移巣などは比較的狙いやすいので、化学療法抵抗性の転移巣でも高い放射線量で集中攻撃することで副作用を最小に治療できます。

 

これも症状は、ケースバイケースということです。

肺がん ステージ4 症状記事一覧

肺がん ステージ4 脳転移

肺がんの中でも小細胞がんは脳への転移が非常に多い性質の肺がんであることが知られています。これは小細胞がんの発生素地である神経内分泌細胞が脳神経細胞と似たような接着分子や増殖分子を利用していることから避けようのないことです。このために小細胞がんが手術的に除去された後に、予防的に脳に放射線照射を行うこと...

≫続きを読む

 

肺がん ステージ4 骨転移

いきなり訪れたあっけない骨折から、がんの存在が分かることがあります。一つは骨に原発する腫瘍や、骨髄に発生した腫瘍によるものです。骨肉腫の患者さんなどで、スポーツをしていて骨折して、レントゲンで見てみたら実は、というパターンです。でも、それよりも多いケースが、肺がんなどの骨以外の臓器に原発したがんの転...

≫続きを読む

 

肺がん 間質性肺炎 余命

間質性肺炎と肺がんとの関係についてあなたはどのぐらいご存知でしょうか?抗がん剤の副作用として、特にイレッサの副作用として注目され、話題になっていますが、そもそも間質性肺炎と肺がんというのは併発しやすいことが知られているのです。間質性肺炎が発生する原因は薬剤、膠原病、塵肺、家族性のものなどいくつかの明...

≫続きを読む

 

肺がん 肝臓転移

肝臓もまた肺がんが転移しやすい臓器です。というか、肝臓そのものが様々ながんの転移しやすい場所であり、肝臓で見つかるがんの70〜80%は転移性のがんであることが知られています。もっとも、その大部分を占めるのは消化器系のがんで、これは消化器から吸収した栄養を肝臓に運ぶのに門脈という血管系が発達しているか...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ