サイバーナイフ治療 肺がん

サイバーナイフ治療 肺がんの脳転移治療

スポンサードリンク

サイバーナイフ治療 肺がんの脳転移の治療法

 

サイバーナイフ治療という、なにやら最先端な響きのする治療方法がありますが、要は「定位放射線照射」の最先端の機器がサイバーナイフです。

 

具体的には「コンピュータ制御のロボットアームに軽量で高線量照射が可能な放射線照射装置を装着した定位放射線治療装置」です(日本赤十字社のサイバーナイフセンター記載の説明より引用)。

 

 

定位放射線照射術の対象となるのは腫瘍が初期、あるいは単発のもので、かつ外科的な手術が困難なものです。

 

脳で言えば脳幹部などの深い部分にできた腫瘍に対して集中的な放射線照射ができるので、周りの組織への侵襲が必須の外科手術と異なり、癌だけをやっつけることができます。

 

痛みも基本的には全くありません(腫瘍壊死後の炎症による痛みや、副作用の浮腫による脳圧亢進症状は時間差でやってきます)。

 

 

そしてこの定位放射線照射の装置の中でも最新のサイバーナイフの利点は、コンピュータ制御により、非常に正確に照射部位を制御できることにあります。

 

サイバーナイフ開発以前の定位放射線照射機器はガンマナイフと呼ばれていましたが、いくつかの欠点を持っていました。

 

まず、脳腫瘍(原発癌でも転移でもOK)でしか使えなかったこと。

 

非常に小さな領域に絞り込む能力がそれほど高くないので、腫瘍に十分な量の放射線を浴びせかけようとすると、周囲の健常な脳の腫瘍に対してもある程度の被ばくがまぬがれえなかったこと。

 

放射線照射位置を固定するためには、頭蓋骨にねじをはめ込んでそれで頭の位置を固定して照射する必要があったこと、照射線量があまりあげられないので長時間の照射となり、頭をねじ止めされた状態で半日以上拘束される必要があったことなどです。

 

 

サイバーナイフ治療はこれらのガンマナイフの欠点をすべて克服しており、脳以外の臓器に対してもピンポイント照射が行えるようになってきたのです。

 

重粒子線照射や陽子線照射でしかできなかったような治療が、サイバーナイフで行えるようになってきました(それでも重粒子線などのパワーには負けますけど)。

 

厚生労働省が重粒子線照射や陽子線照射を保険医療として認めようとしないのもこのサイバーナイフの出現によるものが大きいのです。

 

 

サイバーナイフ治療はこのように非常に便利な治療方法になってきましたが、しかし、あくまでも局所療法であり、脳腫瘍であれば原発性の腫瘍に対してしか「中心的な治療方法」にはなり得ません。

 

肺がんのステージ4では、脳転移でその存在がすぐに命に関わるようなものに対する対症療法的な治療しか行われないことをご了承ください。

 

基本は化学療法(抗がん剤による治療)です。

 

これは先進諸国のどの国に行こうとも、同じスタンスでの治療が施されます。

スポンサードリンク

サイバーナイフ治療 肺がんの脳転移治療関連ページ

抗がん剤
ステージ4の肺がんの抗がん剤による治療方法についての概略です。近年、分子標的医薬の開発で選択肢は大きく広がっています。
化学療法の組み合わせ
ステージ4の肺がんの化学療法について科学的に、というよりも同病院と主治医を選ぶべきかということに関して少し踏み込んで説明しています。概略は前の記事を確認ください。
陽子線・重粒子線
ステージ4の肺がんの治療として特殊な放射線治療方法である陽子線照射や重粒子線照射について触れてみます。

ホーム RSS購読 サイトマップ